ハイネギま!大喜利はやめませんよー(お

どうも!
どんなにリアル友人から文句が出てもネギま!大喜利はやり通す
燭でござーますコンバンハァwww
省みはしないぃぃぃ

さて。
日本史の時間に小説のキャラの技ネタをひたすら考えてましたよ、と。(ちょ
いっつもこんなことばっかや(お

さて、本日は部活の話でもしましょうかね。
今日、自分は妙に肩が凝ってますた(だからどうした
で、まぁ基本だけやって素振りするかー、とか思ってたんですよ。
なのに高等部の連中一人も来ねぇ(あ
おーまーいーらー

なので最後までやることに。
それに新入部員候補が来てるしね!(現金
で、休憩、その候補達をちょいと指導。

・・・

先生「燭! はよせんかい!」

あ、15分も教えっぱなしだったワ!(阿呆
先生いわく「お前は教え魔やからのぉ」だそうな。
どーんーなーのーだー

で、地稽古(試合みたいにどんどん打ち込んでいく
で、最後のほうの中学部で一番上手い奴とやる。

ずっぱぁぁぁぁーーーーーん!!!
後輩「いってぇぇぇぇぇぇ!!!

おもっくそ胴外しちまった☆(シンデクレタマエヨ
で、復活した後輩と稽古再開。

ばしぃぃぃぃぃん!!!
ずばぁぁぁぁぁぁん!!!!

うっわこいつわざと外してきやがったよ!(テメェが悪い
両方とも左腕にクリティカルヒット、しかし。

ダメージはあってもこんくらいで俺がひるむか若造ぉっ!!!(誰
伊達に中1の頃から豪腕で鳴る先輩達と稽古してきたわけじゃねえさ

そんなこんなで終了!(え
いやぁ取りとめないわ(どこが

さぁーネギま!大喜利行くぞうぉぉぉぉぉぉ!!!!

ちゃっかちゃんりんちゃんりん♪

ネギ「どうも皆さんこんばんは、ネギま!大喜利の時間がやってまいりました! 司会は僕、ネギ・スプリングフィールドです! では皆さん自己紹介をどうぞ!」

刹那「どうも、桜咲刹那です。 こういうことは余り得意ではありませんが、よろしくお願いします」

真名「龍宮真名だ。 報酬に見合うだけはやらせてもらう」

楓「拙者、長瀬楓と申す者。 プリン食べ放題のお礼のためにも頑張るでござるよ、ニンニン♪」

クーフェイ「ワタシクーフェイいうアル、食券30枚ももらってしまたからには頑張るアルよー!」

エヴァ「我が名はヴァンパイアエヴァンジェリン、闇の福音・・・ こんなくだらない企画に付き合ってやることに感謝するがいい」

茶々丸「こんにちは、絡繰茶々丸です。 今日は座布団運びとしてお手伝いさせていただきます」

ネギ「え、えっと・・・ お題に入る前に皆さんにお聞きしたいんですけど、皆さんのいうご褒美って誰からもらったんですか?」

真名「何? 私はネギ先生のポケットマネーだと聞いているが」

楓「拙者もでござる」

クーフェイ「ワタシもアルよ~」

ネギ「ええええ?! ぼ、僕知りませんよ~!?」

エヴァ「大方あのオコジョの仕業だろう、諦めるんだな、ぼーや」

ネギ「そ、そんなぁ・・・(しょぼーん) うう、ではお題です、『自分の自慢できること』を言ってください、僕が相槌を打ちますから、それにさらに続けてください」

真名「前にやってなかったか?」

ネギ「気のせいです。 では最初の方!」

楓「うむ、では拙者から参ろうか。 拙者、休日はいつも山篭りをして修行しているでござるよ」

ネギ「すごいですね!」

楓「でも忍者ではないでござる。 ニンニン♪」

刹那「すごく説得力がないな・・・」

楓「なーんのことでござるかな、刹那殿」

ネギ「ま、まぁまぁ・・・ では次の方!」

刹那「では私が・・・ 自慢というのははばかられますが、自分は神鳴流の剣術を修行しています」

ネギ「すごいですね!」

刹那「これも皆、木乃香お嬢様をお守りするため・・・・!!!」

真名「ベタ惚れだな」

楓「同感でござる」

クーフェイ「相思相愛アルね~」

エヴァ「若いっていいよなー」

茶々丸「急に老け込まないでください、マスター」

刹那「なっ?! ち、違う! そんなこと・・・・ネギ先生からも何か言ってください!」

ネギ「あ、やっぱりそうなんですか♪

刹那「せんせぇぇぇぇぇぇ!!!!

ネギ「はい、次の方!(話をそらさないでください!by刹那」

真名「では私が行こう。 私に苦手な間合いはない」

ネギ「す、すごいですね!(汗」

真名「どこにいようが、狙った獲物(ターゲット)は必ず仕留めてみせるさ」

ネギ「こ、怖いですよ龍宮さん!(汗) つ、次の方!」

エヴァ「ほれ、私だ。 私は最強無敵の悪の魔法使い・・・ダークエヴァンジェル・・・」

ネギ「すごいですね!」

エヴァ「その力、その目に焼き付けるがいい! リク・ラク・ララッへぶぅっ?! な、何をする茶々丸ー!!!」

茶々丸「も、申し訳ありません、ネギ先生から何とか止めてほしいとお願いされたので仕方なく・・・」

エヴァ「ぼぉぉぉやぁぁぁぁぁぁ!!!」

ネギ「はい、最後はくー老師ですね、どうぞ!」

エヴァ「くぉらぁぁぁぁぁぁ?!?!」

クーフェイ「任せるアル! ワタシ、中国武術だったら、誰にも負けないアルよ!」

ネギ「すごいですね!」

クーフェイ「証拠を見せるアル! 馬蹄崩拳!!!」

ゴゴゴゴゴ・・・・・・

ネギ「わわわ!?!? ど、どうして舞台に攻撃しちゃうんですかくーふぇさぁぁぁん!!」

クーフェイ「ありゃりゃ・・・ちょっと失敗してしまたアル」

ネギ「ちょっとじゃないですよぉぉぉ!! きょ、今日の大喜利はここまで! 皆さんまた次の機会にお会いしましょう! さようならぁぁ!!!(猛ダッシュ」

ふぅ、終わり(何

コメント返信~
>F
ハイハイワロスワロス(圧倒的スルーか
>青巫女
ハハハ、君の指示に俺が素直に従うとでも?
はっきり言わせてもらおう、全身全霊全力をもって却下だ(ちょ
まぁアホだs(殺害
>曹長
だよ!(お
それがしょっく(ry
[PR]
by laevateinn | 2006-05-01 19:53


<< 左手が白くなったのダワ! 三国志大戦2出るけどなんかもう... >>